人生で買ってよかったものリスト ≫

BINANCEのセービングとは?画像付きでやり方も解説

仮想通貨取引所BINANCEのメニューにある「セービング」。

バイナンスの日本語ってちょっとわかりづらい部分もあるので、セービングの説明に書かれている

「貸し出して、稼ぐシンプルな方法」

だけを見ても、いまいちイメージしづらいですよね。

ということで、今回はBINANCEのセービングの説明から、具体的なやり方までまとめていきます。

BINANCEのセービングとは?

BINANCEのセービングとは、仮想通貨を預けることで、利息がもらえる仕組みのことです。

例えば、ビットコインをBINANCEに預けるだけで、年間で何%か自動的に利息をもらえるということです。

銀行にお金を預けると利息がもらえるみたいなイメージですね。

銀行に預けることとの大きな違いは、利回りの高さです。

日本の銀行にお金を預けても、年利0.002%とかで微々たるものですよね。

対してセービングをすると、銀行より高い利回りを得られます。

年間数%から、高いものだと10%以上の利回りになるものも少なくありません。

BINANCEのセービングは2種類ある

BINANCEのセービングには

の2種類があります。

フレキシブルセービング

「フレキシブルセービング」は、預けた仮想通貨を好きなタンミングでいつでも取り出せるセービングです。

特に預ける期間の縛りがないということですね。

例えばビットコインの場合は、年間5%の利回りを得られます。

Play To Earnで有名な『Axie Infinity』の仮想通貨AXSでは、年間20%もの利回りを得られます。

いずれも2022年3月時点の利回りです。

定期セービング

「定期セービング」は、預けておく期間が決まってるセービングのことです。

例えば7日間、15日間、30日間など、決まった期間を過ぎるまで、預けた仮想通貨を取り出せないということですね。

縛りがあるので、「フレキシブルセービング」より利回りは高い傾向にあります。

例えばAXSの場合は、7日間のセービングで年利25%、

15日間にすると、年利50%の利回りが出てきます。

株や投資の利回りでも年10%いったらいいほうと言われている中で、この利回りは圧倒的に高いですよね。

こう考えると、セービングしないと普通にもったいないですよね。

ただ、デメリットととして、セービングした通貨の価値がなくなる可能性もあるので、このリスクを踏まえてやるかどうか判断していきましょう。

BINANCEでのセービングのやり方

BINANCEでのセービングのやり方をまとめておきます。

特に難しいこともないので、数分もあればできちゃいます。

BINANCEにログインしたら、メニューにある「収益」→「セービング」に進みます。

この画面に進むので、「フレキシブルセービング」か「定期セービング」か選んで、セービングしたい通貨を選んでいきます。

例えば、ビットコインでフレキシブルセービングしたい場合は、ビットコインを探して「定期登録」を押します。

ポップアップ表示が出てくるので、セービングしたい金額を入力して、承認ボタンを押せばOKです。

これでセービングは完了です!

あとは、待っているだけで利息が自動的に貯まっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。