人生で買ってよかったものリスト ≫

Braveの始め方&仮想通貨BATを稼ぐ設定方法【広告なし×高速ブラウザ】

インターネットを使っていると、広告が出てきて邪魔になることって多いですよね。

そんな問題を解決してくれるのが『Brave』。

いくら検索をしても、広告が出てくることはありません。

Braveのブラウザ上でYouTubeを見れば、広告なしで動画を見ることもできます。

さらに、検索をするだけで仮想通貨BATも稼げるので、他のブラウザに比べるとだいぶ最強です。

今回はそんなBraveの始め方や、Braveを使って仮想通貨BATを稼ぐ方法を解説していきます。

Braveの始め方【インストール方法】

Braveの始め方は『Brave』公式サイトから、ブラウザをダウンロードするだけでOKです。

具体的な手順はこちら↓

Brave公式サイトに進む

『Brave』公式サイトに進んで「Braveをダウンロード」のボタンを押します。

チップを選びダウンロードする

チップを選ぶ画面が出てくるので、使っているパソコンのチップを選んでください。

該当のチップのボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります。

インストールを進める

ダウンロードできたら、ファイルを解凍していきます。

Macの場合は、上記ファイルを開くと以下の画面が出てくるので

「Brave Browser」を「Applications」にドラッグ&ドロップをしていきましょう。

これでインストール完了です。

あとは、ブラウザを立ち上げて使っていけばOKです!

BraveでBATを稼ぐ設定方法【3ステップ】

Braveを使うと、仮想通貨BAT(Basic Attention Token)を稼げます。

設定方法はこちらです↓

① Brave Rewardsの設定をする

まずは「Brave Rewards」の設定をしていきます。

「Rewards設定」に進む

Braveのブラウザを立ち上げると、右のほうに「Rewards設定」があるのでクリックします。

「Brave Private Ads」をONにする

「Brave Rewards」のページ進むと、一番上に「Brave Private Ads」があるので、広告表示をON(オレンジ矢印で示した部分)にします。

これでBATを稼げるようになります。

「表示される広告の最大数」を設定する

上の画像のオレンジ丸で示した部分をクリックすると、1時間に表示される広告の数を変更できます。

できるだけ効率良く稼ぎたい場合は、一番下の「1時間に10件の広告」を選びましょう。

② bitFlyerの口座を開設する

Braveで稼げるBATは、仮想通貨取引所『bitFlyer』と連携させると日本円にして受け取れるようになります。

なので、BATを受け取るために『bitFlyer』公式サイトから口座をつくっておきましょう。

期間限定キャンペーン

今ならキャンペーンで、BraveとbitFlyerと連携させると

  • 最大5万円相当の仮想通貨BAT

が手に入ります。

※キャンペーン期間は「2022年3月31日」までです。

③ BraveとbitFlyerを連携させる

bitFlyerの口座を開設できたら、Braveと連携させていきましょう。

ウォレットを認証

Braveブラウザを立ち上げて、右上にある三角のBATマークをクリックして「ウォレットを認証」のボタンを押してください。

この画面が出てくるので「続ける」ボタンを押して

「bitFlyer」を選択してください。

bitFlyerにログインして連携する

ログイン画面に進むので、メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」していきましょう。

ログインできたらこの画面になるので、「許可する」ボタンを押してください。

連携完了

「Brave Rewards」のページで、ウォレットの部分bitFlyerのマークが反映されていればOKです。

これで、BraveとbitFlyerの連携が完了です!

Braveとはどんなブラウザ?【特徴3つ】

Brave(ブレイブ)の特徴はこちらです。

Braveの最大の特徴が、いくら検索をしてもほとんど広告が表示されないことです。

ネットの広告は、サイトを見るたびに出てきたり追跡してきたりするので、けっこう邪魔くさいことが多いですよね。

Braveを使えばYouTubeの広告も表示されなくなるので、サクサク快適に動画を楽しめます。

広告をなくす目的でYouTube Premiumを使っている方は、Braveを使えば月額の出費も抑えられますね。

ブラウザの表示速度が高速

表示速度が速いのもBraveの特徴です。

実際に、角川アスキー総合研究所によるWeb表示速度の調査でも、以下7つのブラウザの中で、平均表示速度が最速という調査結果が出ています。

  • 「Safari」
  • 「Google Chrome」
  • 「Firefox」
  • 「Brave」
  • 「Smooz」
  • 「Firefox Focus」
  • 「Opera Touch」

なので、もっとサクサク検索していきたい方は、Braveを試してみるといいかもですね。

広告などの余計な読み込みも少ないので、バッテリーの充電やデータ通信量の節約にも繋がります。

検索するだけで仮想通貨BATを稼げる

Braveを使うと、仮想通貨BAT(ベーシック・アテンション・トークン)を稼げます。

検索でブラウザを利用するだけでOKなので、特に難しい設定などもありません。

BATを稼ぐための設定方法はこちら↓にまとめています。

>> BraveでBATを稼ぐ方法

稼いだBATは、BraveとbitFlyerを連携させることで日本円にして受け取れます。

bitFlyer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA