人生で買ってよかったものリスト ≫

Dustlandとは?特徴や始め方を解説【走って稼げるM2Eゲーム】

時は2272年。

強力な太陽フレアによって荒廃し、廃墟と化した惑星。

そこに残っているのは、海賊やゴーストなどが存在するダストランドだった。

そんな世界で繰り広げられるのが、世界初のオーディオフィットネスブロックチェーンゲームDustland

走って稼げるMove To Earnプロジェクトでもあります。

今回はそんなDustlandの特徴や始め方などをまとめていきます。

Move To Earnアプリ一覧比較&特徴まとめ【おすすめは3つ】

Dustlandとは?【5つの特徴】

では、早速Dustlandの特徴を見ていきましょう。

世界初のオーディオフィットネスブロックチェーンゲーム

Dustland(ダストランド)は、世界初のオーディオフィットネスブロックチェーンゲームです。

”オーディオ”というのは、オーディオブックのように展開されるストーリーを楽しめることからきているようですね。

お気に入りの音楽をセットして、ヘッドホンを使うことによって、さらにDustlandの世界に没入できるようになっています。

走るだけで報酬をGET

Dustlandは、Move To Earnプロジェクトの一つで、走るだけでDOSEトークンという報酬が手に入ります。

DOSEトークンは、Dustland内に設けられているミッションを達成することで得られます。

完了するミッションが多ければ多いほど、たくさんの報酬をGETできるイメージですね。

報酬には、DOSEトークン以外にも、NFTも含まれています。

ちなみに、DOSEトークンは、運動するときに放出される4つの化学物質

  • Dopamine:ドーパミン
  • Oxytocin:オキシトシン
  • Serotonin:セロトニン
  • Endorphin:エンドルフィン

の頭文字をとって名付けられたそうです。

集めたアイテムでキャラクターをアップグレード

ミッションを達成すると何らかのアイテムが手に入ります。

そのアイテムを使って、キャラクターのアップグレードをすることができます。

アップグレードすることで、さらに多くの報酬が手に入るみたいですね。

フィットネスメタバースの一部

メタバースには複数のフィットネス系のプロジェクトが存在しています。

Dustlandは、そんなメタバースのフィットネス系のプロジェクトの1つです。

メタバースで超有名なSANDBOXともパートナーになっているようですね。

世界の名だたるフィットネス系の会社と連携

公式サイトによると、Dustlandは世界の名だたるフィットネス系企業ともパートナーになっています。

例えば、日本でも有名『ゴールドジム』や、世界100カ国以上に展開するフィットネスクラブ『LESMILLS』など。

大手企業と連携しているのであれば、今後の伸びも期待できるかもしれないですね。

Dustlandの始め方

Dustlandは以下のステップで始められます。

Dustlandの始め方
  1. Dustlandアプリをインストールする
  2. ミッションを選ぶ
  3. 走る
  4. DOSEトークンを受け取る

まずはDustland公式サイトか、以下ボタンからアプリをインストールしていきましょう。

Dustland Runner
Dustland Runner
開発元:OliveX Ltd
無料
posted withアプリーチ

現在スマホアプリはAndroidのみに対応しているので、iPhoneユーザーの方はもう少し待ってみましょう。

アプリをインストールできたら、ミッションを選んで走っていきます。

で、ミッションを達成すると報酬が手に入るという流れですね。

DOSEトークンを日本円にして引き出す方法は

>> DOSEトークンを日本円に交換する方法

にまとめています。

DOSEトークンとは?入手方法・日本円に交換する方法

Dustlandで扱われるDOSEトークンは、フィットネスやワークアウト系で扱われるトークンです。

DOSEトークンを持っていることで

  • ゲーム内のアイテムのロックを解除
  • NFTの購入
  • 特別なイベントへの参加

などをすることができます。

DOSEトークンを扱っている仮想通貨取引所

DOSEトークンは、以下の海外の仮想通貨取引所で取り扱われています。

今のところ、日本の仮想通貨取引所では扱われていません。

DOSEトークンを日本円に交換する方法

なので、Dustlandで手に入ったDOSEトークンを日本円にするには、以下の流れを踏む必要があります。

DOSEトークンを日本円にする方法
  1. 海外の仮想通貨取引所にDOSEトークンを送る
  2. DOSEトークンをリップル(日本で取扱のある仮想通貨)に交換する
  3. リップルを日本の仮想通貨取引所に送る
  4. リップルを日本円に交換する

日本の取引所に送るための通貨は、日本で取扱のある通貨なら何でもOKですが、特にこだわりがない方は、送金手数料が安く送金スピードも早いリップルがおすすめです。

もし日本の仮想通貨取引所を持っていない方はbitbankなどの仮想通貨取引所で口座をつくっておきましょう。

仮想通貨取引所ってどこがいいの?全て使った僕がおすすめ5社を比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。