人生で買ってよかったものリスト ≫

GMOコインからMetaMaskに仮想通貨を送金する方法

今回は、仮想通貨取引所のGMOコインから仮想通貨ウォレットのMetaMaskに、仮想通貨を送る方法をまとめていきます。

GMOコインからMetaMaskへの仮想通貨送金手順

GMOコインからMetaMaskに仮想通貨を送金する手順はこちらです。

今回は、スマホアプリでのやり方を例に解説していきますが、パソコン(ブラウザ)でも流れは同じです。

① GMOコインにログインする

まずはGMOコインにログイン(アプリを立ち上げる)していきましょう。

② 「預入/送付」をタップする

アプリを開けたら「預入/送付」の部分をタップします。

③ 送りたい仮想通貨を選ぶ

仮想通貨の一覧が出てくるので、送りたい銘柄を選んでください。

今回はETHを選んでいきましょう。

④ 宛先を指定する

続いて宛先(MetaMaskのアドレス)を選んでいきます。

宛先の登録が済んでいない方は「宛先リスト」から追加できます。

詳しいやり方はこちら↓を参考にしてみてください。

MetaMaskの宛先は以下手順で追加できます。

「宛先リスト」から「新しい宛先を追加する」をタップします。

送付先を「GMOコイン以外」にして

送付先ウォレットは「プライベートウォレット」

受取人は「ご本人さま」にします。

確認して「宛先情報の登録画面へ」に進みましょう。

  • 宛先情報の登録:MetaMask(自分がわかりやすい名称でOK)
  • イーサリアム アドレス:MetaMaskのイーサリアムメインネットのアドレス

をそれぞれ入力して

MetaMaskのイーサリアムメインネットのアドレスは以下から確認できます。

MetaMaskアプリを立ち上げて、真ん中あたりにある「0x」から始まる文字列がアドレスです。

ネットワークが「Ethereum Main Network」であることはしっかり確認しておきましょう。

ここをタップするとコピーできます。

登録していきましょう。

メールが送られてくるので

リンクをタップして

内容を確認して「認証を完了する」ボタンを押してください。

これで宛先の追加が完了です!

⑤ 送付数量を入力して送る

宛先を指定できたら、送付内容の部分から、送りたい仮想通貨の数量を入力していきます。

2段階認証とチェック項目にチェックを入れて「確認画面へ」進みましょう。

内容を確認して「実行」ボタンを押すと、送金手続き完了です!

送金が完了すると、こんな感じ↑でMetaMaskに送った金額が反映されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA