人生で買ってよかったものリスト ≫

ホットウォレット・コールドウォレットとは?違いまとめ

仮想通貨を管理するときに使うウォレットには「ホットウォレット」と「コールドウォレット」があります。

仮想通貨を扱うにあたって、この2つの違いを把握しておくことは超重要です。

理解しておかないと、大事な資産がなくなってしまう可能性も…

ということで、今回は仮想通貨の「ホットウォレット」と「コールドウォレット」についてまとめていきます。

ホットウォレットとは?

ホットウォレットは、インターネット環境に繋がっているオンラインのウォレットです。

例えば、

などがホットウェアウォレットです。

仮想通貨取引所ってどこがいいの?全て使った僕がおすすめ5社を比較 MetaMaskの始め方・使い方【初心者でもわかりやすい画像付き解説】

メリット

ホットウォレットは、基本的には常時インターネットに繋がっているので、いつでも簡単に仮想通貨を扱えます。

なので、オフラインで扱うコールドウォレットに比べて、取引や送金をスムーズに行えます。

デメリット

その反面、ホットウォレットはネット環境に接続しているので、ハッキングされるリスクがあります。

取引所のウォレットは安全と思われるかもしれないですが、過去には実際にハッキング被害を受けて、仮想通貨が流出してしまった事例もあります。

なので、仮想通貨を盗まれるリスクを極限まで抑えたい方は、コールドウォレットを使うことが重要です。

コールドウォレットとは?

コールドウォレットは、ネット環境とは切り離されているオフラインのウォレットです。

正確に言うと、コールドウォレットに仮想通貨が直接入っているわけではなく、秘密鍵が保管されています。

そんなコールドウォレットには「ペーパーウォレット」と「ハードウェアウォレット」の2つがあります。

ペーパーウォレット
ハードウェアウォレット
  • 紙形式のウォレット
  • 秘密鍵を紙に印刷or直接書いて保管
  • ハードウェアのウォレット
  • USB形式でPCに接続して使う
  • Ledger Nanoが有名

ペーパーウォレットは、その名の通り紙形式のウォレットで、秘密鍵を紙に印刷したり、直接書いたりして保管します。

ハードウェアウォレットは、USB形式のウォレットで、Ledger Nanoなどが有名ですね。

ハードウェアウォレットとは?おすすめや買うときの注意点まとめ

メリット

コールドウォレットは、インターネットに繋がっていないので、ハッキングのリスクがなく、仮想通貨を盗まれる心配がありません。

なので、大事な資産を保管しておきたい場合は、コールドウォレットを利用することが大切です。

デメリット

一方で、コールドウォレットは、紙やハードウェアで管理するので、リアル世界で紛失する可能性があります。

紙にもハードウェアにも大切な秘密鍵の情報があるので、紛失して万が一悪い人の手に渡ってしまうと、仮想通貨を盗まれてしまう可能性があります。

また、コールドウォレットは、オフラインのウォレットなので、すぐに仮想通貨を扱えるわけではありません。

取引や送金をするためには、一度インターネットに接続をする必要があるので、ホットウォレットに比べて少し手間がかかります。

ホットウォレットとコールドウォレットの違い【表でまとめ】

最後に、ホットウォレットとコールドウォレットの違いを表でまとめておきます。

ホットウォレットコールドウォレット
利用状態オンラインオフライン
安全性
実物なしあり
(紙・ハードウェア)
取引所のウォレット
MetaMaskPhantom Wallet
Ledger Nano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。