日本旅行

『B&C GAKUBUCHI』はまるで自分の家に帰ってきたみたいだった【福岡・博多】

今日は「本州横断×九州一周」旅行の9日目に泊まった宿の話です!

泊まったのは『B&C GAKUBUCHI』という博多にある宿です。
すごく温かい雰囲気でアットホームみたいな感じのところでした。

ということで、今回は6回目の『HafH』で泊まった宿の紹介をしていきます!

『HafH』5回目の記事はこちら↓

『HafH Nagasaki Garden』に一足先に泊まってみた!高級旅館すぎてやばい。。【永住希望】朝は小鳥のさえずりが 昼は優しい光が注ぎ込む日本庭園で優雅なひとときを そして、夜は長崎の幻想的な夜を臨める そんな日本の高級...

『HafH』まとめ記事はこちら↓

『HafH』で泊まった宿の体験談を全部まとめてみた!どーもゆーやです。 「いろんなところに住みたい!」 って思ってる人には最適の『HafH』という定額宿泊サービス! この...

『B&C GAKUBUCHI』とは?

B&C GAKUBUCHI

博多祇園山笠で有名な祇園地区に立地。ゲストハウスの特等席からお祭りを楽しめます。

世界最大級の予約サイト口コミ福岡県1位・楽天口コミ福岡県3位のお宿です。 立地は地下鉄呉服町駅徒歩2分。JR博多駅徒歩15分(100円バスで約5分)・キャナルシティ徒歩8分・天神まで徒歩約15分、博多のどこにいくにも便利な場所です。 ここは「泊まれるスナック」 宿の一階は宿泊者や地域の方がふらっと来て情報交換、出会いが日々生まれる談話室兼スナック(Bar)があります。 イベントを定期的に行っています。あなたが必要であれば日本各地、世界から訪れた人達と”縁とネットワーク”が生まれます。

「Hafh」公式サイトより引用

『B&C GAKUBUCHI』は福岡県の福岡市博多区上呉服町にあって、山笠で有名な祇園地区に位置している宿です。

コンセプトは

Bed(泊まる)+様々な意味を持つC
colony(集合体)、communication(通じ合い)、combination(組み合わせ)、culture(文化)、cross(交差)、casa(家)
ワクワクする時間、ホッとする時間を提供したい、みんなを受け入れる「GAKUBUCHI(ガクブチ)」になりたい、間口を広げてここから九州への旅を提案できるきっかけになりたい

という想いからできたそうです。

『B&C GAKUBUCHI』の場所とアクセス


『B&C GAKUBUCHI』は、博多駅から伸びる大通り「大博通り」から一本裏に入った、神社仏閣や古い戸建などの古い町並み・下町感が残る、ゆったりと時間の流れる住宅街の一角にあります。

最寄り駅は地下鉄「呉服町」駅で、歩いて2分くらいで宿まで到着します。

外観は綺麗な民家みたいな感じ。


パッと見の印象は最近建てられたばかりの綺麗な民家って感じでしたが、築50年の木造建物をリノベーションして作られたそうです。


ちなみに朝になるとこんな感じになります。
とったのは休みの日の7時くらいで、外もすごく静かでした。

入り方は暖簾がかかっている引き戸をがらがらと開けて入ればOKです。

中は店主の想いでいっぱい。


中は築50年とは思えないような綺麗な感じでした。
この↑写真のところは喫茶とスナックになるスペースです。


その隣に大きな机が置いてあって、ここでチェックインの手続きをしたり、宿泊者どうしでまったり雑談をしたりできます。


で、壁側にあるのが、この手書きの地図。
店主の方が知り合いのデザイナーさんに頼んで書いてもらったみたいです。

九州各地の有名スポットがイラストでわかりやすく書かれていて素敵でした!

1階はコミュニティースペース&宿泊スペース(ドミトリー)


1階はさっき写真を乗せた大きな机のコミュニティースペースとドミトリーになっています。

2階は宿泊スペース(個室)

2階も宿泊スペースになっていて、和室と半個室があります。

そのほかの設備系(Wifi・コンセントなど)


ほかの設備系でwifiはもちろんあってかなり快適に使えます。
コンセントもしっかりありました。
ドミトリーには各ベットに1個コンセントがあって2つUSBをさすところがありました。


あと、ドミトリーにはハンガーと鏡付きの貴重品ボックスが置いてありました。

1階のトイレは2箇所あって、大きいテーブルがあるコミュニティスペースの横とドミトリーのところにあります。

泊まってみた感想と宿泊者同士のコミュニケーションはどんな感じ?

いつもこうゆう初めての宿に入るときはちょっと緊張するんですけど、この宿は店主の方がすごく気さくな方で、入ったときからすごくリラックスができました。
ほんとに家に帰ってきたみたいな感じで「ようこそ!」というよりは「おかえり〜」みたいな感じでした。


チェックインのときには、店主の方が自作の地図で博多の街をクレヨンを使って案内をしてくれました。
美味しいとこも色々知ってるみたいで、夜ご飯はいいところに行けました。

ただ逆にこのアットホーム感が逆にきついという人もいるかもしれませんが、それも大丈夫だと思います。
基本的に自由な感じなので、宿の中で何かするとかあっても、参加したいならする、しないならしないで全然OKみたいでした。
なので安心してゆっくり休めるとおもいます。

まとめ


そんな感じで『B&C GAKUBUCHI』に泊まってみた話でしたー
博多に行って宿を探している方はぜひ!

じゃあまた!