気になるカテゴリーから探してみる≫

散歩のおともに聴きたいおすすめの本(オーディオブック)7選【身体と頭と心を一緒に鍛えよう】

最近、散歩にはまってます。

毎日10,000歩を目指して頑張ってます笑

けど、ただ歩くだけで毎日10,000歩は正直めっちゃきついので、「なんかいい方法ないかな〜」って考えてたら見つけました。

オーディオブックです。

耳で聴く本ってやつだね!

散歩しながらオーディオブックを使うと

  • 散歩して身体を鍛えられる(運動不足を解消できる)
  • オーディオブックを聴いて頭と心を鍛えられる(勉強できる)

という感じになるので、一石二鳥です。

ということで、今回は散歩のおともにおすすめの本(オーディオブック)を紹介していきます!

散歩のおともに聴きたい本【ビジネス書編】

まずはビジネス書編です。

  • 散歩しながらビジネスの知識を付けたい
  • 仕事ができるようなかっこいい大人になりたい
  • スキマ時間に効率よく勉強したい

といった方におすすめです。

営業の魔法

『営業の魔法』は、大学を卒業して営業職に付き、全く結果を残せず悩んでいた社会人が、とある人物に出会い営業や仕事の本質に気づいていくというお話です。

『営業の魔法』というタイトル通りなので、「営業をしてる人向けなのかな?」と思う方もいるかもですが、社会人として仕事をしていく上で本当に大切な話をしてくれるので「職種問わず必読!」というくらい素敵な本です。

よくあるノウハウがただ書かれているビジネス書と違って、物語形式になっているので、すごく腑に落ちやすく「営業とは◯◯である」という超シンプルで超本質的な内容が学べます。

声優さんもすごくいい声してますよ〜笑

仕事の魔法

『仕事の魔法』は、先ほどの『営業の魔法』の続編です。

こっちは営業の魔法の主人公が部下を持ち、その部下を教育していくことを通して、仕事で大切なことを学んでいくというストーリーです。

営業の魔法が刺さった方はこっちもグッとくること間違いありません!

主人公と後輩のやりとりもけっこう社会人のリアルな感じも出ていて面白いです。

散歩のおともに聴きたい本【自己啓発書編】

続いて自己啓発書編です。

  • 人生に迷っている
  • 人間関係の悩んでいる
  • 仕事がつらい

といったときに聴いてみるといいかもです。

人生は楽しいかい?

『人生は楽しいかい?』はロシア特殊部隊が使っているメソッド「システマ」を軸に、人生を生きるコツだったり、生きていく上で抑えておきたい考え方が学べます。

物語形式で、関西弁のおっさんがシステマについてゆるーく教えてくれるんですが、ゆるいわりに内容はかなりしっかりしてて個人的に色々めっちゃ刺さりました。

各章が「指令1〇〇」「指令2〇〇」という感じで分かれているので、読みたい章だけサクッと読むとかもできます。

おっさんの謎のボケが面白かったり、全体的にけっこう気軽に楽しめるので、なんとなく耳が暇だな〜という方にもいいかもです。

システマに興味がある方にももちろんおすすめです!

『人生は楽しいかい?』の感想レビュー!ロシア特殊部隊の教えシステマがやばい。。

神様とのおしゃべり

『神様とのおしゃべり』は、人生で悩んでいる主人公(みつろう)が神様とおしゃべりをして、常識をぶち壊していくという物語です。

とにかく人生の色んなことに対して不満を持ちまくっているみつろうと神様の掛け合いが面白くて、個人的にこのシーンが刺さりました↓

<回想シーン>

みつろう:「人生つまんない。やりたくないことばっかだし」

神様:「は?現実は全てお前の思い通りになってる。完全にお前のやりたいことをやってる」

みつろう:「なんでだよ。そんなの嘘だ。仕事もやりたくないし」

神様:「じゃあ仕事やめればいいじゃん」

みつろう:「は?仕事やらないとお金もらえないじゃん。何言ってんの?」

神様:「じゃあお金稼がなければいいじゃん」

みつろう:「は??お金稼がないと生きていけないでしょ」

神様:「じゃあ死ぬしかないじゃん」

みつろう:「死ぬのはやだ」

神様:「なんだよ。だから仕事してお金稼いでんじゃないの?」

みつろう:「うん」

神様:「じゃあやりたいことやってんじゃん」

みつろう:「たしかに…」

<おわり>

こんな感じで、けっこう衝突するんですけど、みつろうのアホさ?(素直さ?)が憎めなかったり、神様が超本質的なことを言ったりする感じが、面白くてためになります。

ちょっと長すぎるのと、いくつか抽象的すぎる部分があるのできついかもですが、そのへんを除けばすごいいい本です。

散歩のおともに聴きたい本【小説編】

最後に小説編です。

  • のんびり小説を聴いて癒されたい
  • 難しい文学作品を理解したい
  • 分厚い本を文章で読むのが苦手…

という方におすすめです。

銀河鉄道の夜

『銀河鉄道の夜』は宮沢賢治の代表作ですね。

ほとんどの人が名前は聴いたことあるのではないでしょうか?

でも「名前は知ってるけど内容はあんまり知らない」という方も以外と多いかもですよね。

そういう方にこのオーディオブックはおすすめです。

Audibleだとフジテレビのアナウンサーの高見侑里さんが朗読してくれていて、宮沢賢治の幻想的な世界観とマッチしていて抜群にいいです。

特に星空が見える日の夜の散歩のときにいいかもです。

杜子春

『杜子春』は芥川龍之介の短編小説です。

唐の都、洛陽で暮らす、若くて貧しい主人公の杜子春(とししゅん)が仙人の鉄冠と出会い、人間として成長する様子が描かれた物語です。

元々は児童向けの童話として発表されてたそうなのですが、大人でも楽しめる作品になっています。

Audibleでは皆藤愛子さんが朗読をしてくれていて、背景に流れている中国風の音楽と合いまって雰囲気がいい感じです。

30分くらいで聴けるので、ちょっとしたスキマ時間などにおすすめです。

教団X

『教団X』は芥川賞作家の中村文則さんが書いた小説で、カルト教団を主軸に物語が展開されていきます。

表紙の雰囲気もなんだか不気味で、手に取りづらい感じがしたりと、一見すると新興宗教とか怪しいことが書かれているのかと思うかもですが、実際の内容は戦争や貧困、性、食など様々なテーマが盛り込まれていて読み応えがあります。

個人的には最後の数ページで書かれてる内容に心が打たれました。。

とは言え、かなり分厚い本で、文字で読むのはかなり大変で眠くなるので、オーディオブックで読むのをおすすめします。

audiobook.jpだと20人以上のナレーターさんが物語を展開していて、教団Xの世界観にどっぷりと浸かれます。

いつもとは違ったオーディオブック体験をしてみたい方におすすめです!



『audiobook.jp』の感想レビュー!中村文則さんの教団Xを聴いてみた

まとめ:散歩で聴くオーディオブックを無料で楽しんじゃおう

という感じで、今回は散歩のおともに聴きたいオーディオブックをご紹介してきました。

どれも散歩のおともにはバッチリなので、気になったものを聴いてみてください。

ちなみに、今回紹介した本は、実はどの本も無料で楽しめます。

無料で楽しめるオーディオブックは

です。

Audibleは、Amazonがやってるオーディオブックサービスで40万冊以上の本が楽しめます。

Audibleを無料体験してみる

audiobook.jpは、オトバンクという会社がやっている聴き放題サービスです。

audiobook.jpを無料体験してみる

それぞれで、楽しめる作品や値段とかの違いがあるので、公式サイトをみて確認してみるといいかもです。

詳しいAudibleとaudiobook.jpの特徴や違いはこちらの記事↓にまとめてるのでよかったら参考にしてみてください!

Audibleとaudiobook.jpの特徴や違いは?結局どっちがいいか比較してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です