人生で買ってよかったものリスト ≫

エニタイムフィットネスとジョイフィットの違いは?おすすめはどっち?

今回は24時間営業ジムの

「エニタイムフィットネス」と「ジョイフィット」の違いと

どっちがいいの?という疑問について

実際に両方に通ったことのある僕が、14項目で比較してまとめていきます!

では早速始めていきましょー

「エニタイムフィットネス」と「ジョイフィット」の概要

まず前提として、両方ともマシン特化型のジムです。

ANYTIME FITNESS

24時間年中無休フィットネスクラブ。

全世界4,500店舗以上がいつでもどこでも利用できるのが最大の特徴。

JOY FIT 24

エニタイムと同じで24時間年中無休フィットネスクラブ。

世界にはないですが、日本だと全国300店舗以上に展開されています。

ジョイフィットは「JOY FIT 24」以外に、スタジオプログラムがある「JOY FIT」やヨガプログラムがある「JOY FIT YOGA」という

合わせて3つのブランドがあります。

「エニタイムフィットネス」と「ジョイフィット」14項目で比較!

じゃあ早速14項目で比較していきます。

値段

入会金・手数料など

入会金手数料など
エニタイム0円5,500円
(セキュリティキー発行手数料)
ジョイフィット2,200円3,300円
(登録事務手数料)
料金は税込表記です

入会金と手数料は、合計すると全く同じですね。

月額料金

赤坂店目黒店錦糸町店
エニタイム10,450円9,680円7,678円
ジョイフィット7,128円8,778円8,379円
料金は税込表記です

月額料金は、完全に店舗による感じですね。

例えば、東京にある3店舗を比較するとこんな感じでした↑

もっと安くジムを使いたいなら

ちなみに、24時間営業のジムで料金をできるだけ抑えたい方は、RIZAP監修のchocozapのほうがおすすめです。

月額料金は3,278円(税込)なので、エニタイムやジョイフィットより圧倒的に安いです。

chocozap ジム&家トレアプリ!理想の身体と健康習慣
chocozap ジム&家トレアプリ!理想の身体と健康習慣
開発元:RIZAP株式会社
無料
posted withアプリーチ

店舗の縛りもないので、家の近くだけでなく勤務先や旅先など、全国にある好きな店舗を追加料金なしで使えます。

【参考】chocozapの入会方法

【評判あり】chocozapの入会方法!アプリでの会員登録のやり方を画像付きで解説

店舗数

エニタイム800店舗以上
ジョイフィット250店舗以上

※エニタイムは世界28ヵ国4,500店舗以上

器具

エニタイム
ジョイフィット

特に器具はそこまで変わらないです。

清潔感

エニタイム綺麗
ジョイフィットやや綺麗

これは完全に感覚で、僕が通っていた店舗のことしかわからないですが、エニタイムの方が全体的に掃除が行き渡っていて、雰囲気が明るい感じがしました。

雰囲気が明るいのはテーマカラーが

  • エニタイム   → 紫(白)
  • ジョイフィット → 赤(黒)

なのもあるかもですね〜

あと、エニタイムのトイレがすごいいい匂いでした!笑

鍵の形

エニタイムキーホルダー
ジョイフィットカード

イメージはこんな感じ↓

<エニタイム>

<ジョイフィット>

ロッカーの有無

エニタイムあり(有料)
ジョイフィットあり(無料)

エニタイムはロッカーが有料です。

ロッカーを使いたいならジョイフィットですね!

シャワー

エニタイムあり
ジョイフィットあり

シャワールームは両方ともあります!

シャンプーやボディソープ、タオルは持参必須!

女性専用ルーム

エニタイムなし
ジョイフィットあり

ジョイフィットには女性専用エリアが設けられています。

これは女性には安心ですね!

入会(退会)条件

エニタイムなし
ジョイフィットあり

退会条件がないのがエニタイム。

なので、いつでも気軽に始められて、いつでもやめたいときにやめられます。

対して、ジョイフィットはキャンペーンで入会すると、どうしても難しいという理由がなければ、キャンペーンや店舗によりますが、6か月以内に退会すると解約金が発生します。

これはちょっときつい…!

入会キャンペーン

エニタイムあり
ジョイフィットあり

両方とも入会キャンペーンがあります。

ほぼ年中やってるので、安く入れるのが魅力ですね!

水素水

エニタイム特定の店舗にあり
ジョイフィット全店舗にあり

ジョイフィットは全店舗に水素水のウォーターサーバーが設置されています。

入会特典として、水素水ケースがもらえるのも嬉しい!

プライベートレッスン

エニタイムあり
ジョイフィットあり

プライベートレッスンは両方あります。

申し込み制です。

会員特典・優待サービス

エニタイムなし
ジョイフィットあり

ジョイフィットは、会員特典・優待サービスがあって、レジャー施設だったり、ホテル・レストランで割引がされたり、ほか様々な場所で優待を受けられます。

これはかなりお得ですね!

その他の特徴

エニタイム刺青OK・クレカ払いNG
ジョイフィット刺青NG・クレカ払いOK

クレジットカード払いができるのはジョイフィットほう。

エニタイムは刺青をしててもOKみたいです。

エニタイムとジョイフィットどっちがおすすめ?

どっちがおすすめかまとめます!

エニタイムがおすすめな人

  • 最低限の器具さえあればいい
  • 安いのがいい
  • 綺麗なところでトレーニングしたい
  • 辞めたくなったらすぐ辞めたい
  • アメリカンな感じが好き

ジョイフィットがおすすめな人

  • 女性専用ルームがほしい女性
  • クレジットカードで支払いたい
  • ロッカーを無料で使いたい
  • 水素水を飲みたい
  • 色んな会員特典や優待サービスを受けたい

て感じですかね。

まあけど、そこまでこだわりがなければ、好きなほうか、家に近いところを選べばいいとおもいます!

おわりに

ということで、今回はエニタイムとジョイフィットの違いについて書いてみました。

個人的にはエニタイムが好きですねー

理由はこんな感じです↓

  • アメリカンな感じが個人的に好き
  • 値段が安い
  • 世界中にある(グローバルな感じ)
  • いつ辞めてもいい
  • トイレがいい匂い

器具とかは環境はほとんど変わらないので、そのへんはエニタイムでもジョイフィットでもどっちでも問題ないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA