人生で買ってよかったものリスト ≫

カジノがテーマの小説おすすめ7選【煌びやかな非日常を体験できる】

今回はカジノが題材の(登場する)小説を紹介していきます。

海外旅行になかなか行きづらくなった今、小説でカジノ気分を味わってみてはいかがでしょうか?

カジノが題材の小説おすすめ7選

カジノが登場するおすすめ小説はこちらです。

波の音が消えるまで

『波の音が消えるまで』は、カジノの王様『バカラ』がテーマの小説です。

舞台はアジアのカジノの聖地・マカオ。

サーフィンの夢を諦めた主人公が、バリ島からやってきて、バカラにのみ込まれていきます。

有名なカジノ『リスボア』が登場したり、バカラをやっているときのリアルな感情の動きが描かれていたり、カジノやギャンブル好きにはたまらない一冊ですね!

深夜特急

『深夜特急』は、旅好きの中では知らない人がいないくらい有名な旅小説ですね。

旅がメインですが、1巻の香港・マカオ編で、マカオカジノで有名なギャンブル『大小』にハマるシーンが出てきます。

宿の宿泊客に誘われて『大小』を始めて、旅の資金をガンガン注ぎ込んでしまい、抜け出せなくなっていく…

そのシーンがなんとも言えないくらい面白いです。

旅小説・エッセイ・紀行文おすすめ9選【今すぐ旅行をしたくなる】

麻雀狂時代

『麻雀狂時代』は、麻雀漫画『哲也』のモデルにもなった阿佐田哲也によるギャンブル小説。

タイトルには麻雀とありますが、カジノで有名なバカラやポーカーなども出てきます。

普段出会わないような、韓国カジノで荒稼ぎしている人や、プロの車券師なども登場し、色々な人間模様も楽しめます。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥594 (2022/09/18 09:26時点 | 楽天市場調べ)

巨象再建

『巨象再建』は、カジノがテーマのミステリー・サスペンス・経済小説です。

舞台は公営カジノができた日本。

銀行マンの主人公が、経営難に陥ったカジノを再建していくというストーリーです。

ギャンブルだけでなく、恋愛要素も楽しめる作品です。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥891 (2022/09/18 09:26時点 | 楽天市場調べ)

東京カジノパラダイス

『東京カジノパラダイス』は、東京が舞台のカジノ・経済小説です。

元商社マンの主人公が、日本初のカジノの成功を目指す物語。

世界の超VIPも集まるように、頭の切れるミステリアスな美女とともに、ある作戦を実行していきます。

堅苦しい経済小説という感じではないので、サクサク楽しんで読めるかなと思います。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥737 (2022/09/24 05:30時点 | 楽天市場調べ)

賭博者

『賭博者』は、ロシアの文豪・ドストエフスキーによるギャンブルがテーマの小説です。

ドイツのルーレッテンブルグという町を舞台に、カジノ・賭博にハマり込んだ人たちの生き様が描かれています。

金・恋愛・名誉など人の根源的な欲望を存分に体感できるような作品です。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥935 (2022/09/24 05:30時点 | 楽天市場調べ)

神はダイスを遊ばない

『神はダイスを遊ばない』は、オーストラリア・メルボルンが舞台のカジノ小説です。

他の小説ではほとんど出てこない『牌九(パイガオ)』というマイナーなゲームがメインで話が進んでいきます。

美人ディーラーが登場したり、カジノに入り浸る人の人間模様が垣間見えたり、シンブルに小説としても面白いので、ギャンブルをしない方でも楽しめるかなーと!

カジノ・ギャンブルの裏話も出てくるので、そのへんの知識欲も満たされるかもですね。

¥110 (2022/09/24 05:30時点 | 楽天市場調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA