人生で買ってよかったものリスト ≫

写真をNFT化する方法【具体的な売り方を画像付きで解説】

「いい感じの写真が撮れた!」

「せっかくなら売ってみたい」

そんな方におすすめな方法が、NFTを写真化することです。

写真をNFTにすることで、ネット上に半永久保存しておけるほか、日本国内だけでなく、全世界の人に自分の撮った写真を届けることができます。

ということで今回は、写真をNFTにして売る方法を紹介していきます。

写真をNFT化して売る手順

写真はこちらの5ステップででNFT化して販売できます。

① 写真を用意する

もしまだ写真が手元にない方は、写真を用意しておいてください。

フィルムやチェキなど現物の写真だとNFT化できないので、スマホや一眼レフなどで撮った写真のデジタルデータが必要です。

② 仮想通貨ETHを準備する

写真をNFTにするためには仮想通貨のETH(イーサリアム)が必要です。

なので、まだ持っていない方はGMOコインなどの仮想通貨取引所でETHを買っていきましょう。

③ ETHをMetaMaskに送る

ETHが用意できたら、仮想通貨ウォレットのMetaMaskにETHを送っていきましょう。

送り方は以下の流れでできます。

  1. MetaMaskをインストールする(Chromeの拡張機能に追加してウォレットを作成)
  2. 仮想通貨取引所(GMOコインなど)にMetaMaskのアドレスを追加
  3. 仮想通貨ETHをMetaMaskに送る

さらに詳しい手順はこちら↓の記事を参考にしてみてください。

④ OpenSeaにMetaMaskを接続する

MetaMaskにETHを送れたら、NFTマーケットプレイスのOpenSeaにMetaMaskを接続していきます。

OpenSeaに進んだら、右上にあるウォレットマークを押して、MetaMaskを選びましょう。

ポップアップが出てきたら「次へ」→「接続」を押すと接続完了です。

右上のアイコン(ウォレットマークの左)に色が付いていれば、接続できている状態です。

⑤ OpenSeaで写真を出品する

OpenSeaにMetaMaskが接続できたら、写真を出品していきましょう。

まずは「Create」ボタンを押します。

ポップアップが出てきたら「署名」ボタンを押して進んでください。

アイテムを作成するページに進むので、NFT化したい写真をアップロードして、アイテム名を付けていきます。

例えば、こんな感じです↑

下まで進んで

  • Supply:ミント(NFT化)したいアイテム数
  • Blockchain:Ethereum

を入力して「Create」ボタンを押しましょう。

ロボットの認証が出てきたら認証すると

こんな感じで、アイテム作成が完了します。

売りたい場合は、アイテムのページに進んで、右上にある「Sell」ボタンを押しましょう。

このページで

  • Type:Fixed Price(指定した価格で販売)※オークション形式にしたい場合は「Timed Auction」にする
  • Price:販売したい金額
  • Duration:販売期間

をそれぞれ設定して「Complete listing」を押しましょう。

ポップアップ画面が出てきて、ガス代(手数料)が表示されるので、確認して承認していきましょう。

これでNFT写真の出品が完了です。

おつかれさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA