人生で買ってよかったものリスト ≫

【初心者向け】NFTとは?わかりやすく特徴やメリット・デメリットを解説

2021年くらいからどんどん話題になってきているNFT。

「言葉だけは聞いたことあるけど、いまいちよくわからない…」

と思っている方も少なくないと思います。

ということで今回は、NFTについて知識ゼロの人でも理解できるように、できるだけわかりやすくまとめていきます。

この記事を読めば、NFTの全体像が一通りわかるようになるので、時間があるときにでも読んでみてください!

NFTとは?【まずはざっくり把握】

NFTとは、Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略で、日本語で言うと非代替性トークンと言います。

まず“非”代替性とは、代えが効かない(同じものは1つとして存在しない)ということ。

トークンは様々な意味がありますが、ここでは「ネット上にあるデジタルデータ」と思っておけばOKです。

まとめると、NFTとは

「この世に1つしかないデジタルデータ」

のことです。

とは言え、これだけだといまいちわかりづらいですよね。

もう少しわかりやすく言うと↓

NFT化されたネット上のデータには、マイナンバーみたいに1つ1つに番号が振ってあって、区別できると考えるとイメージしやすいと思います。

他の例で言うと、リアル世界にあるモナリザみたいな感じです。

モナリザの絵は世界に1つしかないですよね。

これのネット版がNFTです。

ここまででなんとなくでもイメージできてればいったんOKです!

NFTの特徴・機能【3つ】

ここからはNFTが持つ特徴や機能を見ていきましょう。

ファッション

NFTには、ファッションの側面があります。

今主流になっているのが、NFTをSNSなどのプロフィールアイコン(PEP)にすることですね。

PFPとはどういう意味?設定方法は?【仮想通貨・NFTジャンル】

PFPにすることで

  • 自分はどういう人間なのか?
  • 何が好きなのか?
  • どんな価値観を持っているのか?

など、自分を表現して周りの人に伝えることができます。

リアル世界で、

  • 「あ、ヴィトンのバックだ!」
  • 「ベンツすげー」

みたいに思うのと同じ感じで、NFTの世界では

  • 「CryptoPunksはやばい」
  • 「BAYCかっけー」

みたいに思うようになります。

これは聞いただけだとイマイチよくわからないと思いますが、やってみるとわかるので1回やってみてください!

コミュニティ・イベントへの参加権

NFTを持っていることで、NFTを持っている人だけが参加できるコミュニティやイベントに参加することができます。

会員権みたいな役割ですね。

同じNFTを持っている人通しでの繋がりを作ることもできます。

投資

NFTには、売って稼ぐ以外にも、投資・投機的な側面があります。

NFTの価格が安いときに手に入れて、高くなったタイミングで売り抜けば、差益をとることができます。

他にも、今は円安で日本円の価値が落ちているので、NFTでリスクヘッジしておくのもありかもしれないですね。

もちろんNFTの価値・価格は変動が激しいので、買ったらすぐ価格が落ちてしまう可能性も全然あるので、注意しておきましょう。

NFTのメリット

集めるのが楽しい

NFTには、本当にいろいろな種類があります。

リアル世界でアートを集める人がいるように、NFTも集めてコレクションにすることもできます。

なので、コレクター気質がある人は、1回NFTを買ってみるとハマるかもしれません!

僕もこのNFT集めが楽しくて抜けだせなくなってます。

繋がりができる

NFTをやっている人は日本ではまだまだ多くありません。

なので、NFTを持ってるだけですごい親近感が生まれて、かなり強固な繋がり・仲間ができます。

コミュニティに参加すれば、いわゆるサードプレイスってやつができます。

価値の保存・交換ができる

NFTは、少しずつ価値が認められるようになってきています。

中には高いものだと、1枚で数千万円の価値があるNFTもあり、NFTを担保にお金を借りられるようにもなってきています。

そこまで高くないNFTであっても、価値の保存としての役割や、リアルマネーにいつでも交換することもできます。

NFTのデメリット

慣れるまでが難しい

NFTは始めるまでの難易度がなかなか高めです。

  • 仮想通貨
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • ガス代
  • ミント

などなど、普通に暮らしていたら聞かないような意味不明な用語がけっこう出てきます。

なので、初めての方は慣れるまでに時間がかかってしまうかもしれません。

ただ、1回始めてできるようになれば、全然問題なく扱えるようになります。

自転車と同じ感じですね。

詳しい手順はNFTの始め方の部分を参考にしてみてください。

お金がかかる

NFTを始めるためには、ある程度のお金が必要になってきます。

NFTの価格はピンキリですが、1個数千円〜数万円くらいのものが多いです。

なので、買う場合は負担が大きいと感じるかもしれないですね。

売る場合は、ガス代(手数料のようなもの)がかかる(数百円〜数千円くらい)だけなので、出品から始めてみるのもありですね。

詐欺に引っかかる可能性がある

NFTの業界には、本当に詐欺師が蔓延しています。

甘い話をふっかけて、NFTや仮想通貨を盗んできます。

基本的に甘い話は1ミリもないので、これを頭に叩き込んだ上で

  • DMは全部詐欺
  • フリーWi-Fiには繋げない
  • ウォレットのシークレットフレーズは教えない

などを徹底していきましょう。

ただ、普通に考えておかしいと思うことを避ければ、詐欺に引っかかることはないので、そこまで気にしすぎないでも大丈夫です。

NFTを始める方法

NFTは以下の手順で簡単に始められます。

NFTを始める方法
  1. GMOコインなどの仮想通貨取引所の口座をつくる
  2. 仮想通貨ETHを準備する
  3. MetaMaskにETHを送る
  4. OpenSeaにMetaMaskを接続する
  5. NFTを買う

もっと詳しい手順は、NFTの始め方の記事を参考にしてみてください。

有名なNFTマーケットプレイス

NFTが買える有名なNFTマーケットプレイスはこちらです。

有名なNFTマーケットプレイス

OpenSea

OpenSea(オープンシー)は、世界最大級のNFTマーケットプレイスです。

イーサリアムがベースになっています。

有名どころのNFTはほとんどOpenSeaに出品されているので、NFTを買うときにどこを使うか迷ったらまずはここを使っておけば間違いないですね!

Magic Eden

Magic Eden(マジックエデン)は、SolanaベースのNFTマーケットプレイスです。

Solanaはゲームに強いブロックチェーンでもあるので、Magic Edenにはゲーム系のアイテムが多いのが特徴です。

HEXA

HEXA(ヘキサ)は、日本最大級のNFTマーケットプレイスです。

仮想通貨を持っていなくても、日本円でNFTを買えるのが特徴です。

NFTに関するQ&A

NFTに関する気になる質問をまとめました。

NFTの純度とは?

NFTはブロックチェーン上に情報が切り刻まれているのですが、情報がどの程度ブロックチェーンに乗っているかで、NFTの質が違います。

これをNFTの純度と言います。

わかりやすく言うと、ビールと発泡酒や、ヤクルトとヤクルト風の飲み物の違いみたいな感じですね。

具体的には以下のような種類があります。

種類純度NFTの例
フルオンチェーンNFTCryptoPunks
Loot
パブリックチェーンNFTBored Ape Yacht Club
Hashmasks
プライベートチェーンNFT
(コンソーシアムNFT)
楽天NFT・LINE NFT
などで手に入るNFT

全ての情報が漏れなくブロックチェーンに乗っているのが「フルオンチェーンNFT」で、最も純度が高いとされています。

次に純度が高いのがパブリックチェーンNFTで、OpenSeaなどの世界中で使えるNFTマーケットプレイスで、取引されているNFTですね。

あまり純度が高くないのが、プライベートチェーンやコンソーシアムチェーンに乗っているNFTです。

楽天NFTやLINE NFTで出品されているようなNFTですね。

これらもNFTに違いはないのですが、そのマーケットプレイス内でしか取引ができないので、なかなか価値が付きづらいのが特徴です。

NFTにはどんな種類がある?

一口にNFTと言っても様々な種類があります。

例えば以下のようなものがあります。

  • NFTアート
  • 音楽NFT
  • NFT写真
  • NFT小説
  • ゲームアイテムNFT

この中で1番人気なのが、NFTアートですね。

活用方法はいろいろありますが、PEPというSNSのプロフィールアイコンとして利用されることが多いですね。

NFTはいくらくらいで買える?

NFTアートの価格はピンキリです。

数百円で買えるものもあれば、数万円〜数千万円のものまであります。

NFTってなんで高いの?

NFTになんで高い値が付くのかは、正直よくわかりません…

リアル世界のアートにも億単位の価格が付くのと同じように、なんでも価値があると思われれば高くなるのかもしれないですね。

NFTは誰でも売れる?

NFTは誰でも販売できます。

NFTにできるアートや写真などを用意して、NFTマーケットプレイスで売るだけです。

興味がある方は、NFTの売り方の記事を参考にトライしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA