人生で買ってよかったものリスト ≫

マーケティングの4Pとは?ブログを例に活用方法も解説

商品やサービスを売りたいとき、何を考えて売ろうとしてますか?

  • 「良いものを作れば売れるでしょ」
  • 「なんとなく売れそうなものを売ってみるかな」
  • 「まずは売れてるものを真似るところから」

などなど色々あると思います。

もちろんどれも悪くないですが、もう少し考えを深めたほうがいいかもしれません。

とはいえ、そもそもどうやって考えていいかわからない方もいますよね。

そんなときに役立つのが「4P」と呼ばれる考え方です。

ということで今回は、商品やサービスを展開するときに役立つ、マーケティングの4Pについてまとめていきます。

マーケティングの4Pとは?

さっそく結論から言うと、4PとはPから始まる4つの言葉を総称したものです。

具体的には以下が4Pの要素です。

マーケティングの4P

順番にみていきましょう。

Product(商品)

Productは、商品やサービスのことです。

つまり「何を売るか」ですね。

例えば、果物1つとっても「りんご、バナナ、いちご」など種類は色々あります。

さらに、その中でも

  • どの品種にするのか?
  • 産地はどこなのか?
  • 他の果物と差別化できるポイントは?(例.「種なし」「糖度が高い」「皮ごと食べられる」)

といったように、一口に果物と言っても、考えるべきことは数多くあります。

Place(場所)

Placeは、場所です。

「どこで売るか」ですね。

  • 自分の店を持つ
  • 駅や百貨店の一部を借りる
  • 家に訪問して直接営業する
  • ネットでオンライン販売する
  • フリマサイトやSNSを活用する

など場所も色々あります。

自分で販売する商品は、どこで売ると売上が伸びるのか?を考えてみましょう。

Price(価格)

Priceは、価格です。

「いくらで売るのか(値付け)」ですね。

商品やサービスを売るとき、この価格設定が肝になってきます。

値付けだけで1冊の本が出ているほどです。

著:中村 穂
¥1,540 (2022/05/30 19:15時点 | Amazon調べ)

例えば、500円で売るのか1,000円で売るのかで、売上に2倍の差が生まれてきます。

これは当たり前に聞こえるかもですが、頭に叩き込んでおきたいレベルで超重要です。

もし月に10万円の売上を上げたかったら

  • 単価100円なら1,000個
  • 単価1,000円なら100個
  • 単価10,000円なら10個

といった感じで、売るための商品数に大きき差が出てきます。

単純に考えて、1,000個売るのと10個売るのでは、10個売るほうが簡単ですよね。

という感じで、価格によって売上達成の難易度や労力が大きく変わってくるので、価格設定は慎重によく考えてやっていきましょう。

Promotion(販促)

Promotionは、販促(販売促進)です。

「どうやって売っていくのか」、つまり「広告や宣伝をどうするか」ですね。

広告を使う場合は

  • 予算はどのくらいかけるのか?
  • デザインや文言はどうするのか?
  • どこに広告を流すのか?(街中?電車?テレビ?ネット?)

広告を使わない場合は、

  • 地道に口コミで広げていく
  • SNSを活用する
  • インフルエンサーに協力を仰ぐ

などどうやって宣伝・PRするのかを考えます。

手段は色々あるので、他の商品・サービスの成功事例などを参考にしながらプロモーション戦略を考えていきましょう。

4Pは全て考えることが大切

ここまでで、4Pについてなんとなく理解できたと思います。

で、重要なのが4Pの4つの要素は1つ欠けても上手くいかないということです。

いくら商品が良かったとしても、認知されていなかったら売れません。

(職人などでよく言われるやつですね。)

逆に広告をバンバン使って、認知を広げまくったとしても、商品が良くなければ売れません。

他にも、店の立地が「都内一等地、駅近」のようにいくらよかったとしても、サービスに魅力がなかったり、あまりにも価格が高かったりすると、手にとってもらえません。

という感じで、4Pの4つの要素は

  • Product(商品)
  • Place(場所)
  • Price(価格)
  • Promotion(販促)

は、全て揃ってやっと上手くいくようになっています。

なので、商品やサービスを展開するときは、4つ全てを踏まえてやっていきましょう。

4Pを活用する方法【ブログを例に解説】

ここからは、実際に4Pを活用する方法を見ていきましょう。

今回はブログで商品を売ること(アフィリエイト)を例に解説していきます。

例えば、月に3万円の売上を上げたいケースを考えていきます。

本を売る場合

まず、ブログで本を紹介する場合を見ていきます。

Product
(何を売る?)
Place
(どこで売る?)
ブログ
Price
(いくらで売る?)
30円
Promotion
(どうやって集客する?)
SEO
SNS

例えば、Amazonにある本を紹介すると、Amazonアソシエイトの料率は3%なので、ブログを経由して1,000円の本が売れたら30円が報酬になります。

なので、本の紹介だと月に3万円の売上を立てるためには

  • 月に1,000冊(1日換算で33冊)

の本を売らなければいけません。

仮に購入率が1%だとすると、1ヶ月で10万人の訪問者(=10万PV)が必要になります。

これはなかなか難しいですよね。

ということで、本の紹介で月3万円を達成するのはなかなかハードルが高いです。

打開策としては、集客口をSEOだけでなく、TwitterやInstagramのようなSNSを上手く活用すると、流入が増えて目標達成の可能性が高まるかもしれません。

クレジットカードへの申込を促す場合

一方で、ブログでクレジットカードへの申込を促す場合。

Product
(何を売る?)
クレジットカード
Place
(どこで売る?)
ブログ
Price
(いくらで売る?)
3,000円
Promotion
(どうやって集客する?)
SEO
SNS

クレジットカード報酬単価は、比較的高いものが多く、1件の申込で1万円以上になるものもよくあります。

今回は、仮に3,000円として考えていきます。

月に3万円達成するためには、

  • 月10回(=3日に1回)

申し込んでもらえればOKです。

仮に申込率が1%だとすると、1ヶ月で1,000人の訪問者(=1,000PV)が必要になります。

1日にすると33PVなので、先ほどの本に比べると、圧倒的に楽ですよね。

その分、SEOの難易度は高いのですが、SNSなどを駆使して上手く集客できれば、本の紹介よりは月3万円のハードルは低いです。

ということでまとめると、ブログで売上を大きくしたいなら

  • できるだけ単価が高い商品を扱う

これに尽きます。

もちろんその分競合も増えるので、難しい面もありますが、膨大な数を売るよりは難易度は低いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。