人生で買ってよかったものリスト ≫

骨伝導イヤホンに感動したのでメリット・デメリットをまとめる

散歩したり集中したいとき、今までAirPodsを耳にさして音楽とかを聴いていたのですが

  • ずっと付けてるとちょっと疲れる
  • 周りの音が聞こえづらい
  • 耳に炎症を起こした人がいることを聞いた

とかで、代わりのものを探していました。

そこで知ったのが骨伝導イヤホンです。

使ったのがこちら↓

これすごいですね!

付けてみたら新しい感覚で普通に感動しました。

ということで、今回は骨伝導イヤホンを使ってみた感想やメリット・デメリットなどをまとめていこうと思います。

骨伝導イヤホンのメリット

まずは骨伝導イヤホンを使って感じたメリットから見ていきましょう。

耳が疲れない

骨伝導イヤホンは、耳に差し込む式のイヤホンと違って、疲れやすさが全然違いますね。

耳の圧迫感がないので、圧倒的に楽です。

耳に差し込むわけではないので、差し込み式のイヤホンにありがちな、耳の中の疲れもありません。

なので、「耳に差し込むのが苦手…」という方にはぴったりですね!

周りの音が聞こえて安心

骨伝導イヤホンは、耳が塞がれていないので、付けて音楽を流していても周りの音は普通に聞こえます。

差し込む式のイヤホンのノイズキャンセリングを使っていて

  • 「声をかけられたのに気が付かなかった」
  • 「車とかの音が聞こえなくて、事故になりかけた」

みたいな心配もありません。

僕とかは音声に集中しちゃうと、けっこう周りが見えなくなりがちなので、同じような方には事故やトラブルを防げていいかもしれないですね。

耳の炎症などを防止できる

耳に長時間差し込んでいると、耳の中に炎症などが起こる可能性があります。

これは、ずーっと同じイヤホンを使っていることが原因かもしれないので、消毒をして綺麗に保っていれば防げるかもしれません。

ただ、耳の中に入れておくことで発生する原因不明の何かによって、炎症が発生することがあるのかもしれません。

こういった心配を骨伝導イヤホンを使えば防げるようになります。

そもそも耳に入れないので、変なことが起こることはないということですね。

もちろん、骨伝導イヤホンも消毒などをしないで長く使っていると、当てている部分に炎症などが発生することもなくはないと思うので、しっかりメンテナンスはしておきましょう。

骨伝導イヤホンのデメリット

骨伝導イヤホンのデメリットはこのあたりです。

大きくすると音漏れする

骨伝導イヤホンは、名前の通り骨を伝って音が聞こえるイヤホンなので、耳の内部に直接音を通すものではありません。

耳より外部に音の出るものがあるので、音量を大きくすると、けっこう普通に音が漏れます。

なので、音楽を聴くとき「音は大きめがいい」みたいな方にはあまり向いていないですね。

とは言え、極端に音を大きくしすぎなければ、周りに聞こえるレベルで漏れることはないので、そこは安心して大丈夫です。

フィット感が高くない

骨伝導イヤホンの種類や、顔のサイズなどにもよると思いますが、若干イヤホンのフィット感が微妙な気がしました。

僕が買ったのは『OpenMove』という柄の部分があるタイプで、調整できるわけではないので、完璧にフィットする感じではありませんでした。

頭を揺らすと落ちるとかではないので、そこまで問題はないのですが、微妙に気になる点でした。

なので、完璧なフィット感が欲しい方は、完全独立型の『PEACE TW-1』のような骨伝導イヤホンを使うのをおすすめします!

おすすめの骨伝導イヤホン

骨伝導イヤホンはけっこうピンキリで、色々な種類があります。

安いものの中には、骨伝導イヤホンと謳っているのに、完全な骨伝導イヤホンでない「骨伝導イヤホンっぽいもの」もあるんですよね。

なので、選ぶときはレビューなどをしっかり確認するのが重要です。

特にあまり安すぎるものは選ばないようにしたほうがいいですね。

しっかりした骨伝導イヤホンで、おすすめなものはこちらなので参考までに紹介しておきます↓

おすすめの骨伝導イヤホン

OpenMove

骨伝導イヤホンメーカーで、たぶん一番有名なのがSHOKZです。

そのSHOKZが出している骨伝導イヤホンの中で、最も安く手に取りやすいのが『OpenMove』です。

どの骨伝導イヤホンにすればいいか迷っていて、まずは試しに使ってみたい方は『OpenMove』にすれば間違いないですね。

色も

  • スレートグレー
  • エレベーションブルー
  • アルパインホワイト
  • ヒマラヤンピンク

と4色あるので、好きなタイプを選びやすいです。

『2021 Summer VGP Award』や『2021 Reddot Award』といったオーディオ機器やデザインの賞も受賞しているので、クオリティは抜群ですね。

OpenRun Pro

OpenMoveと同じSHOKZが出している、ハイエンドモデルの骨伝導イヤホンです。

値段は高めですが、

  • 低音の強化で音質が高い
  • バッテリーの持ちは10時間
  • たった5分間で最大1.5時間の音楽再生が可能
  • 専用のスマホアプリとの連携
  • デュアルノイズキャンセリングマイク搭載

など、あらゆる面で最上位のモデルです。

さらに、特許を取得した骨伝導技術を採用されていることもあって、その質は間違いないですね。

PEACE TW-1

『PEACE TW-1』は、bocoが出している骨伝導イヤホンです。

世界初の完全独立型の骨伝導イヤホンなので、バンドやケーブルのような不要なものは全く付いていません。

耳に付けるタイプですが、耳を完全に塞がないようなつくりになっているので、周りの音も入ってきて安心して利用できます。

防水にもなっているので、雨や汗などにも強いです。

再生時間も12時間までいけるので、こまめに充電をしなくても大丈夫ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA