気になるカテゴリーから探してみる≫

【docomo】5Gギガホプレミアでテザリングは無制限で使える?お得?ギガライトから変えてみた結果…

ahamoがお得!と叫ばれている中、逆行して5Gギガホプレミアにプランを変更してみました。

変更した理由は、ギガを気にせずにスマホを使いたかったのと、通信手段を一本化したかったからです。

ということで、今回はdocomoの5Gギガホプレミアについて詳しくまとめていきます。

  • 5Gギガホプレミアってそもそもなんなの?
  • 5Gギガホプレミアはお得なの?
  • 5Gギガホプレミアはテザリングって使える?

といった方は参考にしてみてください!

『5Gギガホ プレミア』がおすすめな人

まず、結論から言うと、5Gギガホプレミアにするといいとはこんな方です↓

5Gギガホプレミアにするべき人
  • ギガ(通信量)を気にせず使いたい人
  • テザリングを無制限で使いたい人
  • 外でよく仕事をする人
  • Wi-Fiを一本化したい人
  • 通信回線を切り替えるのがめんどくさい人

この理由については、このあと細かくまとめていくので、気になる方は読み進めてみてくださいー

そもそも『5Gギガホ プレミア』とは?

「そもそも5Gギガホプレミアってなんなの?」という方もいると思うので、まずは概要から書いていきます。

『5Gギガホ プレミア』の料金

『5Gギガホ プレミア』はdocomoが提供している通信量を無制限で使えるプランです。

料金はこんな感じで↓

月額料金7,315円
(家族が3回線以上ドコモ)-1,100円
(ドコモ光セット割)-1,100円
(dカードお支払い割)-187円
最安料金4,928円
料金は税込表記です

各種割引が適用されると、5,000円以下で通信相無制限で利用できます。

テゼリングも無制限で使えます!

※同じような名前で『ギガホ プレミア』というプラン(基本料金7,205円)がありますが、こちらは5Gは使えず(4Gは使える)60GBまでしか使えません。(テザリングも60GBまで)

※ahamoは月額2,970円(税込)で安いですが、20GBまでしか使えません。

テザリングは使える?

ギガ無制限プラン4社の違い比較

ギガ(通信量)が無制限プランのプランを実施している他社

  • au:使い放題 MAX 5G
  • SoftBank:メリハリ無制限
  • 楽天:Rakuten UN-LIMIT VI

の3社と比較していきます。

会社docomoauSoftBank楽天
プラン名5Gギガホ プレミア使い放題 MAX 5Gメリハリ無制限Rakuten UN-LIMIT VI
月額料金7,315円7,238円7,238円3,278円
最安料金
(各種割引後)
4,928円4,928円4,928円
3GB以下利用時1,650円割引1,650円割引1,650円割引2,200円割引
テザリング無制限30GBまで30GBまで無制限
通信制限なしテザリング30GBを超えると低速化テザリング30GBを超えると低速化楽天回線エリア外の場合
5GB超過後最大1Mbpsに
料金は税込表記です

月額料金

大手3キャリアの料金はそこまで変わらないです。

料金だけでいうとダントツで楽天が安いですね!

ただ、楽天は楽天回線エリア内の人じゃないと、通信がしづらい場合があるので注意です。

楽天以外の会社は、各種割引が適用されると、どの会社も最安で4,928円(税込)になります。

データ通信量無制限で、5,000円以下で使えるのはけっこうお得なんじゃないかなーと思います。

利用量3GB以下の割引

使ったギガ数が3GB以下の場合は、各種割引適用後からされに割引が適用されます。

docomo・au・SoftBankはいずれも1,650円割引があります。

楽天は2,200円割引で、1,078円になるので安すぎますね笑

テザリング

テザリングに関しては、無制限で使えるのがdocomoと楽天です。

先ほども書いた通り、楽天は楽天回線エリア内でないと通信がしづらかったり低速化したりするので、全国どこでも気にせず使えるのはdocomoだけですね!

auとSoftBankは上限が30GBなので、それ以上使うと低速化します。

『5Gギガホ プレミア』にするメリット

実際に変えてみて感じた『5Gギガホ プレミア』のメリットはこちらです。

5Gギガホプレミアのメリット
  • ギガ無制限で使える
  • テザリングが使い放題
  • 最安5,000円以下で使える
  • 家でWiFiを契約する必要がない
  • 通信環境を一本化できる

この中でも特に大きいのがやっぱり、「テザリングが無制限で使える」点ですね!

テザリングが無制限ということは、契約しているスマホをWi-Fi端末(ルーター扱い)として使えるということです。

なので、外でよく仕事をする人は

  • Wi-Fiがあるスポットを探す必要がない
  • モバイルルーターを契約する必要がない

し、家でも回線を契約する必要がありません。

という感じで、ネット環境を一本化することができます。

これがかなりよくて、わざわざ各スポットのWi-Fiへ接続しなくていいし、切り替えの手間もないので、ストレスフリーになります!

『5Gギガホ プレミア』に切り替えるデメリット&注意点

一方で、『5Gギガホ プレミア』に切り替えるにあたってデメリットもいくつかあります。

5Gギガホプレミアのデメリット
  • 料金がそこそこ高い
  • 4Gスマホから切り替える人は店舗にいかないといけない
  • 4Gスマホから切り替える場合は事務手数料がかかる

料金については、無制限で使えるので仕方がないかもしれませんが、月額が5,000〜7,000円くらいかかってしまいます。

ただ、家でネット環境やモバイルルーターを契約する必要がないので、それを考えるとけっこうお得だと思います!

もう一つ、決定的というか「ちょっとな〜」と思ったデメリットが、4Gスマホでdocomoと契約している人は、切り替えするために、店舗へ足を運ばないといけません。

僕はこれまで『ギガライト』という4Gプランを使ってたんですけど、切り替えようと思っても、なぜかネットではできなかったんですよね。。

で、docomoの店舗に行ってみたら、契約するために事務手数料が3,300円(税込)がかかりました。

これはちょっと残念でしたね。

ただ、これは決まりみたいなので、今4Gスマホを使っていて『5Gギガホ プレミア』に切り替えたい方は、店舗にいきましょう。

『5Gギガホ プレミア』に関するQ&A

いくつか『5Gギガホ プレミア』に関して気になりそうなことをまとめます。

本当にギガ無制限で使える?通信制限はないの?

無制限で使えます。

ただ、1日に大量にギガを消費した方は一時的に通信制限がかかることがまれにあるそうです。

手続きはネットでできる?

docomoと5Gスマホで契約している人ならネットで手続きできます。

4Gスマホを使っている人は、ネットでできないので、店舗に行く必要があります。

契約する場合は、事務手数料が3,300円(税込)がかかります。

割引はある?

割引はあります。

こんな感じで割引になるので、安いと5,000円以下で使えます。

月額料金7,315円
(家族が3回線以上ドコモ)-1,100円
(ドコモ光セット割)-1,100円
(dカードお支払い割)-187円
最安料金4,928円
料金は税込表記です

おわりに

最後に『5Gギガホ プレミア』がおすすめの人をもう一度のせておきます。

5Gギガホプレミアがおすすめな人
  • ギガ(通信量)を気にせず使いたい人
  • テザリングを無制限で使いたい人
  • 外でよく仕事をする人
  • Wi-Fiを一本化したい人
  • 通信回線を切り替えるのがめんどくさい人

これに当てはまらない人は、ahamoか楽天がおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です