人生で買ってよかったものリスト ≫

なぜ人はお金を払うのか?【人がお金を使うタイミング】

最近、どうしたら売上が上がるのか?についてよく考えます。

これを考えてたときに

「あれ、そもそも人ってどんなタイミングでお金を払うんだっけ?」

という思考に進みました。

僕たちはなぜお金を払うのでしょうか?

ということで今回は、人がお金を使う理由、タイミングについて考えていこうと思います。

自分の生活からお金を使うタイミングを考える

人がお金を払うタイミングについて、まず自分の1日の生活を振り返って考えてみることにしました。

「振り返りとかどーでもいいから、先に結論教えて!」という方は以下からジャンプしてください。

>> なぜ人はお金を払うのか?

ルーティンの振り返り

昨日やったことをざっと書き出してみます。

  • 起きる
  • ゴミ捨てする
  • ブログ書く
  • 朝ごはん食べる
  • 散歩する
  • 買い物する
  • 昼ごはん食べる
  • Netflix見る
  • 仕事する
  • お風呂入る
  • 夜ご飯食べる
  • YouTube見る
  • ヨガする
  • 漫画読む
  • ゲームする
  • 寝る

この中で昨日お金を払ったのは「買い物」だけだったのですが、実際は全部にお金は絡んでくるので、いくつかに分類してみることにしました。

タスクの分類

タスク欲してるものお金発生
起きる
寝る
睡眠
ベッド
ゴミ捨て
(掃除)
快適な環境ゴミ箱
ゴミ袋
ブログ書く
仕事
自己実現
お金稼ぎ
人との繋がり
パソコン
ネット環境
朝ごはん
昼ごはん
夜ごはん
買い物
食材
食器
散歩
お風呂
ヨガ
運動
リフレッシュ

ボディソープ
シャンプー
ヨガマット
Netflix
YouTube
漫画
ゲーム
エンタメサービス利用料
漫画代
スマホ

これをさらにキュッとまとめると↓

欲求タスク
生きたいごはん
睡眠
快適に過ごしたい掃除
お風呂
社会と繋がりたい仕事
楽しみたい運動
エンタメ系

すると、大きく分けて3つくらいに区分できることが見えてきました。

ここまで書いてきて、結果マズローの欲求5段階説とかERG理論に行きつくっぽいですね。

マズローの欲求5段階説とは?6段階目は?【ビジネスへの活用方法まで】 ERG理論とは?マズローの欲求5段階説との違いは?【活用方法あり】

なぜ人はお金を払うのか?

以上を踏まえると、お金を払う理由はこちらです。

① 生命維持のため

まず第一に人は、生きるためにお金を払います。

いわゆる

  • 食べる
  • 寝る

のような生理的欲求ってやつですね。

「食べる」であれば、

  • 食材
  • 弁当
  • レストラン

「寝る」であれば

  • ベッド

などにお金を払います。

生きるための根源的な部分なので、価値があると思えばいくらでも払うところですね。

お金持ちの人が、ベッドに数100万円とかの大金をかけるのも、生や健康に直結するからだと思います。

② 快適な環境づくりのため

安心安全に暮らすためにも、人はお金を使います。

例えば、次のような欲ですね。

  • 暖かい家に住みたい
  • 綺麗な環境で過ごしたい
  • 健康を害さないような暮らしをしたい

このあたりを実現するために

  • 冷暖房を入れる
  • 快適なソファーやラグを置く
  • 空気清浄機を置く
  • 掃除機を使う
  • ゴミ箱を置く

などを揃えていきます。

③ 人や社会と繋がるため

僕たちは、何かしらの繋がりを求めて毎日生きていると思います。

例えば、

  • 誰かと話したい
  • 人の役に立ちたい
  • 家族と過ごしたい
  • かわいい・かっこいい思われたい
  • いいもの持ってると思われたい

などですね。

このあたりを実現するために、お金を使っていきます。

具体的には

  • 人と話すためにカフェや居酒屋に行く
  • 恋人をつくるためにマッチングアプリを使う
  • 家族や友だちと旅行する
  • 美容に気をつける
  • ブランド物を身につける

のようなものです。

あとは、寄付や子ども教育などにお金を使うのもここに当たりますね。

④ 人生を楽しむため

ラストが、人生を楽しむためです。

以下のようなエンタメ系や趣味などですね。

  • 映画見たい
  • ゲームしたい
  • 漫画読みたい
  • 旅行したい
  • ライブに行きたい

ここは本当に人によって違うので、ジャンルも使われる金額にも大きな差があります。

緊急性が高いお金を使うタイミング

さらに、緊急性(=抵抗しづらい)が高く、お金を払ってしまうタイミングをいつくか挙げていきます。

このへんを把握しておくと、怪しい商品や詐欺に引っ掛からないようになったり、ビジネスのアイデアが思い浮かぶようになるかもしれません。

生命を脅かされたとき

命の危険を感じると、何があっても人はお金を払います。

身近な例でいうと「喉が渇いたら水を飲みたくなる」みたいなことですね。

他にも

  • 災害でスーパーの食材が一気になくなる
  • 人を救うためにオレオレ詐欺に引っかかる
  • 借金を返すためにギャンブルにつぎ込む

などもここに当てはまります。

ここは必要に駆られてお金を払わざるを得ない領域で、悪い人たちが蠢いている分野でもあるので特に注意ですね。

快適な環境が崩れたとき

今いる環境に居心地が悪くなったとき、普通の生活が崩れたときにも、人はすぐにお金を払います。

例えば

  • トイレの水が流れなくなった
  • ゴキブリが大量発生した
  • 窓ガラスが割れた
  • 車をぶつけた
  • スマホが壊れた

などです。

このへんは安全で快適な生活を取り戻すために、思考停止レベルで速攻でお金を払います。

見栄を張りたいとき

人は見栄の生き物です。

モテるため、カッコよく思われるため、かわいいと言われるため…

別の言い方をすると、変に思われないため、周りと一緒であるため、普通であるため

には、ガンガンお金を使っていきます。

例えば

  • 高級車を買う
  • ブランド品を身に纏う
  • タワマンに住む

と言ったものから

  • ファッションに気をつける
  • 脱毛・スキンケア・美容整形をする
  • ローンで一軒家を買う
  • 焦りから結婚相談所に駆け寄る
  • 面目を保つために奢る

などなど、さまざまです。

ここはいわゆる承認欲求ってやつなので、際限なくお金が出ていきます。

限定攻撃を食らったとき

  • 期間限定!
  • 今だけ100円!
  • 閉店セール全品50%OFF!

こういう限定系ってずるいですよね。

わかっていても、なぜかお金を払ってしまいます。

この限定攻撃食らうと、けっこう思考停止レベルでお金を払ってしまうことになるので、いったん深呼吸して冷静になるのが大切ですね。

逆に限定攻撃を仕掛けると、効果は出やすくなるので、ビジネスをやってる方はうまく活用してみるといいかもしれません。(もちろん煽りすぎ、悪用厳禁です)

欲を抑えられないとき

欲を抑えられないときにもお金を払ってしまいますよね。

わかりやすいところで言えば、お金や性などのジャンルです。

このへんは一時的な感情を抑えられなくなって、お金を払ってしまうので、超注意が必要です。

特に依存症とかにもなりやすい部分なので、ここを狙ったビジネスや詐欺師たちも登場します。

結果、破滅する可能性も出てくるので、もし一歩踏み込んでしまいそうになってる方は、ソッコーで引き返しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。