人生で買ってよかったものリスト ≫

ペットボトルの水を買うのはもったいない?安くする代案を3つ紹介

いつからか忘れましたが、水ってペットボトルで買うのがもう普通になりましたよね。

「水道水も綺麗って聞いたことあるけど、なんとなく飲みたくない」

こんな方も多いと思います。

僕もそうで、水道水はなんか抵抗があって、ペットボトルの水を買っちゃいます。

で、今さらって感じなんですけど、毎回買うのもったいないなと思い始めました。

ペットボトルの水を買うのはもったいない?

特にコンビニや自動販売機で買うと、500mlで1本150円とかするので、仮に1ヶ月毎日買うとすると、4,500円くらい毎月かかってきます。

年間にすると、54,000円。

これって意外と馬鹿にならないですよね。

しかも水って単に自分一人で飲むだけじゃなくて、

  • お米を炊くとき
  • 料理をするとき
  • 来客用に渡すとき

など、使い道は色々あるので、1日500mlだけだと普通に足りないと思います。

こう考えると、水の購入費だけで年間5万円を超える方も全然いるかもしれません。

水を節約するだけで、小旅行くらいは行けちゃいますよね。

水を安く飲む方法【ペットボトルの代案あり】

ということで、ここからは水を安く飲む方法をまとめていきます。

もちろん「水道水を直で飲むこと」が最も安上がりですが、それ以外の方法でいきますね。

① ネットで買う

一口にペットボトルで買うと言っても

  • 自動販売機・コンビニ
  • スーパー・ドラッグストア
  • ネット

などいくつか方法はありますよね。

僕の肌感ですが、

「(高)自動販売機 > コンビニ > ドラッグストア > スーパー > ネット(安)」

の順で安くて、値段的には3倍くらい開きがあるかなと思います。

1本値段(500ml)
自動販売機・コンビニ140円〜160円
スーパー・ドラッグストア70〜100円
ネット40〜70円

ざっとまとめるとこんな感じで、ダントツで安いのが、Amazonや楽天などのネットを使って買う方法ですね。

まとめ買いで買わないといけないのがデメリットですが、それを除けば、安いものだと1本あたり40円台のものもあるのでかなりお得です。

ちなみに僕は、1本49円で買えるこの水をよく買っています↓

美陽堂 BIYOUDO
¥3,890 (2022/05/22 18:47時点 | Amazon調べ)

あとは、楽天経済圏の力を使って、楽天お買い物マラソンの時期に買うとポイントが多く付いてもっとお得になります。

楽天経済圏とは?メリット〜SPU攻略法まで超わかりやすく解説【保存版】

② 浄水器を使う

2つ目が、浄水器を使う方法です。

浄水器を使うメリットは、浄水器の購入費以外にお金がかからないことです。

例えば、BRITAのような浄水器の値段は2,000円くらいなので、2,000円プラス水道水代で綺麗な水が飲み放題です。

飲み放題と考えると、ペットボトルで毎回買うのと比べて浄水器のほうが安いですよね。

浄水器は他にもWelvinaのようなシリカ水を作れるものもあります。

③ ウォーターサーバーを使う

ウォーターサーバーと聞くと、固定費が高いというイメージがあるかもしれませんが、実は意外とお得に使えるものもあります。

月額で言うと、3,000円〜4,000円くらいのものもあるので、ペットボトルの水を毎日買うのと同じくらいかそれ以下の値段で楽しめます。

500mlペットボトルで言うと、60〜80円くらいの金額感なので、意外と安いですよね。

プラスして、世界の名だたる賞を受賞しているようなウォーターサーバーもあるので、美味しくて綺麗な水を飲みたい方にはぴったりですね。

おすすめのウォーターサーバー
  1. PREMIUM WATER:モンドセレクション金賞の世界が認めたクオリティ
  2. FRECIOUS:業界唯一の経済産業大臣賞受賞・コーヒー機能付きもあり

水を安く飲む方法を一覧表で比較まとめ

水を安く飲む方法を一覧表でまとめました。

料金メリットデメリット
水道水無料
(水道代のみ)
飲み放題完璧に綺麗とは言えない
ペットボトル2,000円〜4,500円/月
(毎日500mlを1本買う場合)
固定費がかからない買えば買うほど高くなる
浄水器水道代

浄水器の購入費
2,000〜7,000円
飲み放題浄水器の購入費
カートリッジの交換費
がかかる
ウォーターサーバー3,000円〜4,000円/月質の高い水
温水対応あり
固定費がかかる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。