人生で買ってよかったものリスト ≫

MetaMaskからETH送金時に保留中から進まないときの対処法

アクシーを始めようと思って、MetaMaskにあるイーサリアムをRonin Walletに送ろうとしたら、処理が「保留中」になり全く進まなくなるという現象が起きました。

原因は、ガス代をケチってトランザクションのスピードを「低」に設定したからですね…笑

ちょっと戸惑いましたが、トランザクションのスピードを上げたら、すぐ解決しました。

ということで、MetaMaskからETH送金時に保留中から進まないとき(イーサリアムの送金詰まり)の対処法をまとめていきます。

MetaMaskからETH送金時に保留中から進まなくなる原因

イーサリアムの送金処理が「保留中」になる原因は、シンプルにガス代を安くしようとして、処理のスピードを遅く設定したからですね。

おそらくこの記事を読んでいる方も、同じ原因かなと思います。

イーサリアムでは、十分なガス代を設定していないと「Pending」状態なりやすくなります。

「Pending」状態になっているトランザクションは、

  • Pending1
  • Pending2
  • Pending3

みたいな感じで、過去のものから順に処理されていく仕組みなので、古いPending状態のものが解消されないと、自分の処理が解消されません。

仮に自分のトランザクションの待ちが100番目だったとすると、それまでの1〜99の処理が完了して、やっと解消されるようになります。

なので、十分なガス代を設定しないとPending状態が続き、一向に処理が終わらなくなる可能性があります。

MetaMaskからETH送金時に保留中から進まないときの対処法

イーサリアムの送金詰まりの対処法は3つあります。

MetaMaskからETH送金時に保留中から進まないときの対処法

それぞれ見ていきましょう。

① ひたすら待つ

時間がかかっても大丈夫な方は、これですね。

ただひたすら待っていきましょう。

と言っても、処理が1回Pendingになると、一向に進まなくなる可能性があります。

待っても待っても処理が終わらないのはきついですよね。

なので、さすがに待っていられなくなった方は、次の②か③の方法を試してみてください。

② 処理スピードを上げる

おそらくETHの送金で保留中になっている方は、処理速度を「低」にしたことが原因かと思います。

なので、処理スピードを上げてみてください。

やり方はこちら↓

  1. MetaMaskを立ち上げてアクティビティに進む
  2. 該当の処理にある「スピードアップ」ボタンを押す
  3. 処理速度を「中」か「高」にする
MetaMaskを立ち上げてアクティビティに進む

まずはMetaMaskを立ち上げましょう。

アクティビティのところを押すと、保留になっている処理出てきます。

該当の処理にある「スピードアップ」ボタンを押す

該当の処理にある「スピードアップ」ボタンを押しましょう。

処理速度を「中」か「高」にする

トランザクションのスピードを選ぶ画面になるので、「中」か「高」を選んで「保存」ボタンを押してください。

できるだけ速くしたい方は「高」で、そこまで超急ぎじゃなければ「中」でOKです。

僕は中にして、30秒かからないくらいで処理が完了しました。

アクティビティに戻ると、「スピードアップ」ボタンが消えて処理が進んでいきます。

この画面になったら処理完了です!

処理を確認すると、ステータスが「保留中」から「確認されました」になっています。

いちおう送金先のウォレットにも、送った金額が反映されていればOKです!

③ 送金をキャンセルする

送金をキャンセルして、もう一回送金する方法もあります。

先ほどのMetaMaskのアクティビティの部分に「キャンセル」ボタンがあるので、画面の手順に沿って進めていけば、処理をキャンセルできます。

キャンセルができたら、改めて最初から送金をしていく感じですね。

ただ、キャンセルをすると、また別にガス代がかかってしまうので、あまりおすすめしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA