人生で買ってよかったものリスト ≫

仮想通貨GMTの買い方【2パターンでわかりやすく解説】

今回はSTEPNのガバナンストークンのGMTの買い方をまとめていきます。

の2パターンに分けて解説していくので、好きなほうでやってみてください。

GMTは日本国内の仮想通貨取引所では扱っていないので、海外の仮想通貨取引所を使うのが必須です。

STEPNの始め方|スニーカーの種類や選び方まで解説【Move To Earn】

仮想通貨GMTの買い方【手数料を抑えたい方向け】

手数料を抑えてGMTを購入する方法はこちらです。

手数料を抑えるためには、日本と海外の仮想通貨取引所を使う必要があります。

順番に解説していきますね。

① 日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を買う

まずは、日本国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を買っていきましょう。

使う取引所と買う通貨については、こちら↓を参考にしてみてください。

使う取引所について

使う仮想通貨取引所は好きなところで大丈夫ですが、特にこだわりのない方は、送金手数料が無料のGMOコインを使うのをおすすめします。

他の仮想通貨取引所を使うと、手数料だけで数千円くらいかかることもあるので注意です。

仮想通貨の送金はGMOコインが最強な理由【どの通貨でも無料】

買う仮想通貨について

買う仮想通貨も何でもOKですが、特にこだわりがない方はリップル(XRP)を使っていきましょう。

リップルは送金に特化している通貨なので、送金のスピードが速いです。

ビットコインだと送金の手続きをしてから、送金が完了するまでにけっこう時間がかかります。

30分とかそれ以上かかることもザラ…

対してリップルでは、送金手続きをしてからほぼすぐ、遅くても数分以内には完了します。

② 仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送る

仮想通貨が準備できたら、買った仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送っていきましょう。

GMTを扱っている海外の仮想通貨取引所はいくつかありますが、僕はBinanceを使っています。

③ GMTを買う

海外の仮想通貨取引所に仮想通貨を送れたら、GMTを買っていきましょう。

GMTを買う一番簡単な方法は「コンバート」を使うやり方ですね。

Binanceの場合は、ログイン後に「コンバート」に進んで

  • 振替元:日本から送金した仮想通貨(XRPなど)
  • 振替先:GMT

を選んで、送りたい金額を入力して「コンバージョンプレビュー」ボタンを押します。

最後に「コンバート」を押せばGMTが手に入ります。

仮想通貨GMTの買い方【とにかく簡単に買いたい向け】

海外の仮想通貨取引所では、クレジットカードで仮想通貨を購入できます。

なので、「仮想通貨を日本から海外の取引所に送る」という手順を省けます。

ということで、とにかく楽にGMTを買いたい方は、こちらの手順でやってみましょう。

順番にまとめていきますね。

① 海外の仮想通貨取引所でクレジットカードで仮想通貨を買う

GMTは海外の仮想通貨取引所Binanceで取り扱いがあります。

もしアカウントを持っていない方はつくっておきましょう。

アカウントを準備できたら、クレジットカードを使って仮想通貨を買っていきます。

GMTに対応している通貨は

  • BTC
  • ETH
  • USDT
  • BUSD
  • BNB

等なので、どれかを買っていきましょう。

どれか迷ったら「USDT」がいいですね。

USDTは米ドルと同じ価値を持った通貨(1USDT=1米ドル)で、GMTに交換するときに価格がわかりやすいので。

Binanceでクレジットカードを使うと2%の手数料がかかるので、そこだけ注意です。

BINANCEでクレジットカード決済すると手数料が高い?

この手数料を抑えたい方は、bitFlyerクレカを使うのがおすすめです。

bitFlyerクレカを使うと、決済時に最大2.5%分のビットコインが手に入るので、Binanceの手数料2%を差し引いて実質プラスになります。

bitFlyerクレカの作り方|スタンダードとプラチナどっちがいい?【買い物でビットコインが貯まる】

② 仮想通貨をGMTに交換する

仮想通貨を購入できたら、GMTに交換していきましょう。

GMTへ交換するときに一番簡単なやり方は「コンバート」を使う方法ですね。

Binanceのメニューから「コンバート」に進んで

  • 振替元:買った仮想通貨(USDTなど)
  • 振替先:GMT

を選んで、金額を入力してコンバートを押すだけでOKです。

これでGMTが手に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。