お得なキャンペーン情報まとめ ≫

NFTアート買ってみた!ので感想を書いてみる【購入方法の手順解説あり】

いま流行りのNFTに乗っかってみました。

NFT自体さわるのは今回が初めてだったので、ちょっと手こずりましたが、色々調べてなんとか買えました。

ということで、今回はNFTアートを買ってみた感想を書いてみようと思います。

感想の後に購入方法もまとめていくので、興味ある方は参考にしてみてください!

Coincheck NFTでゲームアイテムを買ってみた【買い方も5ステップで解説】

実際に買ったNFTアート

僕が買ったNFTアートがこちらの猫のアートです↑

壺?に入っていて、なんかかわいいですよね笑

クリエイターのプロフィールを見ると、タイ人の方が作った作品みたいです。

NFTアートを買ってみた感想

で、NFTアートを買ってみた感想なんですけど、なんか新しい世界に一歩踏み込めたみたいで楽しかったです。

やっぱり新しいことを始めると、意外な発見とかがあって面白いですね。

もう少しいくつか思ったことを書いていくと↓

色んなアートの種類があって面白い!

まず、普段アートを買う習慣がほぼない(最近、絵画サブスクでレンタルを始めたくらい)ので、NFTアートを買うときにどれを買えばいいかめちゃくちゃ迷いました。

僕は今回、OpenSeaというサイトで買ったんですけど、出品されているNFTの数もめちゃくちゃあって。

似たような作品とかもあったり、どっかネットから拾ってきた画像?がNFT化されてるものだったり、落書きのようなアートだったり。

ひどい?のだと、スマホアプリの電卓のスクショとかも出品されてましたね笑

なので、選ぶまでのなかなか苦戦しました。

その分、いろんな作品を見られたので面白かったですね。

こんな世界があるんだなーって。

意外とあっさり買えた

あと、思ってたよりはあっさり買えましたね。

シンプルなことを言うと、Amazonとか楽天でモノを買うのと一緒で、

  • お金(仮想通貨)を持って、サイト(NFTマーケット)に行って、欲しいもの(NFT)を買う

だけなので。

(もっと近いのはメルカリですかね。自分でも簡単に出品できて、出品されているものを買えるので。)

もちろん仮想通貨の買い方とか、英語力とかちょっとした知識は必要なんですけど、調べればわかりやすい記事や動画とか色々出てくるので、それに沿ってやったら案外簡単でした。

具体的なNFTアートの買い方は、このあと書いていくので、買ってみたい方はトライしてみてください。

>> NFTアートの買い方にジャンプ

NTFアートよりETHのガス代が高かった

NFTアートを買うときは、基本的にETH(イーサ)という仮想通貨を使うんですけど、イーサのガス代(超簡単に言うとイーサの利用料)が思ったより高かったですね。

僕が買ったときは

  • アートの価格:0.01ETH($3.41)
  • イーサのガス代:0.009858ETH($34.26)

でした。

イーサのガス代が買ったアートの10倍以上するという笑

まーしょうがないっちゃしょうがないのですが、さすがに高すぎますね…!

しかも、ガス代は時間によって変わるので、高いときだと余裕でこの↑倍以上とかするときもあります。

安く買うには、他のPolygon(ポリゴン)とかのブロックチェーンを使うといいらしいです。

NFTアートの買い方【5ステップ】

では、ここからはNFTアートの買い方をまとめていきます。

購入手順はこの5ステップです。

NFTアートの購入手順

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. ETH(イーサリアム)を購入する
  3. MetaMask(メタマスク)にETHを送る
  4. OpenSeaに登録する
  5. NFTアートを選んで購入する

では、さっそく見ていきましょう!

1.仮想通貨取引所の口座を開設する

NFTアートを買うには、まず仮想通貨が必要になってきます。

なので、仮想通貨を持っていない方は、仮想通貨を手に入れましょう。

仮想通貨は、仮想通貨取引所という場所から購入できます。

仮想通貨取引所ってどこがいいの?全て使った僕がおすすめ5社を比較

どこの仮想通貨取引所を選んでいいかわからないという方は、この3つのどれからか選ぶのがおすすめです。

おすすめの仮想通貨取引所
  • トップレベルの安全なセキュリティで本格的に仮想通貨を始めたい方はbitbank(ビットバンク)』
  • 入金・出金や各種手数料を無料にしたい方はGMOコイン
  • 仮想通貨初心者の方は『Coincheck(コインチェック)』

仮想通貨取引所の口座開設は、サイトの指示通りに進めていけば簡単にできるので、手順通りにやってみてください。

口座開設を申し込んでから、開設完了するまでは数日から1週間くらかかるので、開設できたらまたこの記事に戻ってきてください!

2.ETH(イーサリアム)を購入する

仮想通貨取引所の口座を開設できたら、次は仮想通貨を購入していきます。

NFTアートを購入するためには、基本的に

  • ETH(イーサ)

が必要になるので、開設した仮想通貨取引所からイーサを購入しましょう!

<補足>
仮想通貨取引所には、「販売所」と「取引所」の2つがあります。

  • 「販売所」:仮想通貨取引所との取引(仮想通貨取引所が持っている仮想通貨を売買する)
  • 「取引所」:ユーザー同士の取引(自分以外の人が持っている仮想通貨と売買する)

販売所は購入者に不利なレートになるので、できる方は取引所から購入するのをおすすめします!

ただ、取引所での取引は初心者には少し難しめなので
「初心者だからまずは無難に仮想通貨を手に入れたい」「まずは勉強だからレートはそこまで気にしなくていいや」という方や、販売所から購入でOKです。

3.MetaMask(メタマスク)にETHを送る

イーサが購入できたら、仮想通貨取引所にあるイーサを、『MetaMask(メタマスク)』という仮想通貨ウォレット(仮想通貨を保管しておくためのネット上の財布)に移行しましょう。

MetaMaskは、ブラウザの拡張機能やスマホのアプリで使えますが、基本的にはパソコンでChromeの拡張機能をつかうのがおすすめです。

スマホアプリだと何かとやりづらいので。

Chromeの拡張機能でMetaMaskをインストールできたら、仮想通貨取引所で買ったイーサを移していきましょう。

MetaMaskにイーサを入れておくことで、NFTを買えるようになります。

※詳しいやり方は、別の記事かできるだけ早めにここに追記します。

4.OpenSeaに登録する

MetaMaskにイーサを移せたら、NFTを購入する準備は完了です。

次はNFTが出品されているNFTマーケットに行きましょう。

NFTマーケットにも色々あるのですが、まずは一番有名な『OpenSea(オープンシー)』というサイトを使うのがおすすめです。

OpenSeaのサイトに進んだら、先ほど使ったMetaMaskと連携をしていきます。

連携ができたら、あとはNFTを買うだけです!

5.NFTアートを選んで購入する

OpenSeaには、こんな感じで色々なNFTが出品されています。

ここから好きな作品を選んで購入すればOKです!

購入方法はこの流れです↓

ほしい作品を選択する

まずは、OpenSeaのTOP画面にある青いボタン「探索」をポチッとします。

すると、作品の一覧画面が出てくるので、好きな作品を選んでいきましょう!

作品の詳細画面から「Buy Now」ボタンを押す

一覧画面から作品を選ぶと、作品の詳細画面になるので、青い「Buy Now」ボタンをタップ!

「チェックアウト」ボタンを押す

作品によっては、こんな注意表示が出てくる(※)ので、念のため確認して大丈夫そうなら、下にあるチェックボックスにチェック!

※クリエイターの実績がない場合に出てくるみたいです。

チェックできたらこの画面に進むので、金額を確認してチェックボックスにチェックを入れて「チェクアウト」ボタンを押してください。

金額(NFTの価格+ガス代)を確認してOKなら「確認」ボタンを押す

MetaMaskの画面が出てくるので、ガス代とアートの合計金額を確認して、大丈夫そうなら「確認」ボタンを押しましょう。

確認ボタンを押すと、こんな取引中の画面が出てきます↑

少し待って完了画面が出たNFTが自分のものに!

少し時間が経つと、ステータスが「Complete」になります!

これでNFTアートの購入は完了です!

おつかれさまでした!

NFTアートを買うときの注意点

NTFを買うにあたっていくつか注意点をまとめていきます。

NFTが偽物か要チェック!

NFTは偽造・改竄ができない唯一無二のものと言われていますが、中には本物に似せて作られて出品されているものもあります。

なので、「せっかく買ったのに偽物だった…」みたいにならないために、見分けが重要になってきます。

ただ、正直言うと、見分けはめちゃくちゃ難しいんですよね。

できることとしては

  • 公式マークが付いている作品を選ぶ(名前の横に青いチェックマーク)
  • クリエイターのプロフィールで判断する
  • Googleで画像検索する

くらいですかね。

あとは、感覚的なものですが

  • クオリティが低すぎる作品
  • 似たようなものばっかり出品しているクリエイターの作品
  • 出品数が多すぎる作品

とかは、避けたほうがいいかもしれないですね。

なんとなくクリエイターの作品愛?を感じられないものは、偽物と疑うくらいでいいかもです。

イーサのガス代に気をつけて!

NFTを買うときにイーサを使うのは、これまでの内容でわかったと思いますが、このイーサを取引するときに、毎回「ガス代」というものがかかります。

ざっくりわかりやすく言うと、「イーサを使うための手数料」=「ガス代」と考えておけばまずはOKです。

このガス代が常に変動していて、時間単位よって安いときと高いときがあります。

例えば、僕がNFTを買った2021年9月18日時点↑では、高いときと安いときで100ドル近くも変わりました笑

なので、必要以上にお金を使いたくない方は、ガス代が安い時間帯に買うことをおすすめします!

海外で取引が多い日本時間の22時〜6時が、イーサのガス代が高くなる傾向にあるので、それ以外の時間で購入してみるといいと思います。

ガス代は『GAS NOW』というサイトで、見られるのでNFT購入前にチェックしておきましょう。

おわりに|NFTアートおもしろいのでやってみて!

NFTって知識が浅いときだと、ちょっと怪しく感じたり、イメージが湧きづらかったりしますよね。

ただ、やってみると意外とあっさり買えて、NFTを含めて仮想通貨周りの色んな知識も増えるので、気になる方はやってみるといいかなーと思います。

マーケットに出品されているNFTの数も、ほんとにめちゃくちゃあるので、見てるだけでもけっこう楽しいです。

プラス、NFTアートが自分のものになると、なんか特別な気持ちにもなるのも新しい感覚でいいですよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です